イギィ母の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS イギィとの出会い

<<   作成日時 : 2010/06/12 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今から4年前イギィ兄ちゃん小学3年生の時、家に帰って一人は寂しいので犬を飼いたいと言い出し、そして何故かボストンテリアがいいと言うので探して職場の人の紹介でイギィと巡り合いました。
イギィという名前は甥っ子が付けました。韓流ブーム???と思いましたが違ったようです。イギィは我が家の長女となりました。すぐ興奮する子で目が真っ赤になるので心配でした。なるべく興奮させないよう気をつけていました。イギィが8ヶ月の時イギィ兄ちゃんからイギィの様子がおかしいから早く帰ってと電話がありました。イギィは口から泡を吹きウンシーを撒き散らすほどひどい発作を起こす子でした。イギィ母はイギィが癲癇持ちであることを知りショックを受けました。それからイギィとイギィ母の病気との闘いが始まりました。癲癇の発作と薬はイギィの身体を蝕んでいるので長生きは出来ないと獣医師から言われていました。

画像


イギィが亡くなってから今日で2週間経ちました。少しずつ片付けを始めました。イギィは興奮してはテーブルや椅子、カーテンにコンセントに至るまでかじっていたので家の中はあちこち傷だらけです。発作が起きる前後は手がつけられないほど暴れて大変でした指を噛まれて爪が割れたことも何度かあります。イギィ兄ちゃんに襲いかかったり、夜中にひどく吠えて困ったことも・・・苦しかったのでしょう。

画像


発作のない時は、物凄く良い子でイギィ母の言うことを良く聞き、吠えることもありませんでした。イギィ兄ちゃんの手足がおいしかったのかよく舐めていました。おもちゃで遊んだ後は自分のベッドにちゃんとお片付け出来る子でした。いつもイギィ兄ちゃんにイギィのほうが偉いじゃんと言っていました。

イギィ・・・ごめんね。そしてありがとうイギィと過ごした日々は大変であり、楽しかったよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イギィとの出会い イギィ母の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる